2018年11月19日月曜日

声が細くなってしまうTさん 埼玉レッスン日記7

今回はレッスン日記は、歌声がどうしても細く、頼りない感じになってしまう
Tさんに関してです。

Tさんは60代の主婦の方で、歌は好きだけど、普段なかなか大きな声を出せないので、しっかり発声を学びたいということで通っていただいてます。

練習曲は杏里さんの「オリビアを聴きながら」です。

この曲は、そんなに声を張るような曲ではないですし、むしろ優しく柔らかく歌い上げるものかなと。

Tさんの場合、それ以上に声がふわふわしてて、細い。

もう少し芯がほしいなと思いました。

そこで、Tさんの姿勢に注目してみました。

どうなっていたかというと、シンプルに猫背。

首は前方に傾倒し、下っ腹が前に突き出てる状態でした。

この状態ではしっかりと呼吸筋を働かせることが出来ません。

呼吸筋はよく耳にするインナーマッスルってやつです。

呼吸筋が働くと、重心が下がり、声が安定してきます。




まず、倒れている首を起こすところから。

後頭部が背中のラインに重なるイメージで、顎を引くように後ろへスライドさせます。

間違った例は、顎を上げて首を起こそうとする状態で、これでは首を起こすことが難しいです。

首の次は、下っ腹。

これは骨盤を真っ直ぐにするイメージでお腹を引っ込める。

真っ直ぐを意識しすぎて反り腰にもならないように気をつけて。

この二点をTさんに実践していただくと、一言、「辛いです…」。

当然です。使ってなかったインナーマッスルが動き始めたからです。

猫背状態で身体が固まってしまっているので、慣れるまで正直しんどいです。

少し慣れるまで、壁に背中をつけながら声を出していきます。


この状態で実際に歌ってみると、始めよりも声に芯が入ってきました。

Tさん自身も、「姿勢はきついですが、声はすごく出しやすい」とのこと。

慣れるまでは、継続あるのみ。


姿勢は、歌以前に健康そのものに関わってくること。


普段から出来る事をやっていきましょう!


2018年11月18日日曜日

講師 松木翠のライブ後記 

皆様!もうあと2ヶ月弱で今年が終わってしまいます! びっくりです。

きょうは先日の私のリーダーライブ後記をご紹介したいと思います!


講師という立場ではなく、一人のシンガーとして感じたことを書いてまいります。
少しでも私「松木翠」という人間に興味を持っていただけたら嬉しいなと思い、正直にありのままで書いていきたいと思います笑 

今回はピアノduo(ピアノとヴォーカルでの編成)という事もあり、自分の世界を出来るだけ気張らずナチュラルに表現できるようにというイメージだったのに蓋を開けるとドキドキしました! 
実に今更だけど、、こういう気持ちでやって気付きましたが、、duoってお互い正直に相手の音楽向き合うから緊張感あって当たり前な話です。

今のままの自分を出来るだけナチュラルって言葉でいうのは簡単、、でもやっぱり邪念ような緊張のようなちっぽけな見栄ような色んなものが邪魔しにくる!
それを全部ひっくるめて私らしさとするのはやはり一筋縄にはいかないのです笑笑
 が!しかしこの私のちっぽけな思考やいろんな感情をそれを一瞬にして上回る楽しさと暖かさを持つ岸淑香という人間のピアノの音色で感じた自分に思わず笑ってしまいました!

 この岸淑香という人が弾くピアノで歌える喜びが純粋に緊張に勝ったw

 音楽は本当お互いの心をストレートに伝えてくれるなって、、

こういう風に所謂テンパり状態でもハッとその時1番大切な物気付けるようになったのは正直に嬉しいです。 
私自身のオリジナルも出来て、またアレンジした曲もできて実際自分らしさが自然に出した?出された? そんなライブでした! 改めて、、duoはいいまたやりたい!

ぜひ皆様私の音楽に限らず、横浜や都内に限らずたくさん生演奏が聞けるお店っていっぱいあります。そういう所にぜひ生の生きた音楽を聴きに言ってみてください。

CDやyoutube,データ化された音楽ではないものがそこにあります。
ミュージシャンの息遣い・シンガーの真剣なまなざし生演奏だからこそ感じれる感覚!?




心と耳が開く感覚がそこで味わえると思います!

2018年11月17日土曜日

☆おしらせ☆


すっかり秋が深みをましてきました。
最近は気持ちのいい秋晴れがつづき洗濯物が良く乾くのでうれしいです!

芸術の秋にあわせて素敵なご紹介をさせていただきます。
なんと!12月にミュージカルに出演される生徒さんがいます!

レッスンでも一生懸命受けていただく姿に全力でサポートさせていただきました!とても前向きにで是非頑張って欲しいです!

私も応援しに行こうと思っております!頑張ってくださいね!!



そして!!今月三連休に吉川先生のリーダーバンドにゲスト出演いたします!
11/24(土)
日吉/WanderWall-Yokohama
「部室」ライブ!
吉川大介(b)
山口廣和(g)
武藤勇樹(pf)
小山田和正(ds)
guest 松木翠(vo)
17:30open 18:30start
MC:予約¥2,800当日¥3,300
https://www.wonderwall-yokohama.jp
お席に限りがありますので、ご予約お願い致します!


そして今年最後のリーダーライブのお知らせですଘ(੭´ ꒫`)੭̸*
今年もやります!!
☆どりぃ&むぅ☆
クリスマスアニジャズ
珠玉のアニソンジャズアレンジとみんなが大好きクリスマスソングを歌います!

12/8
麹町PACO
http://jazzspotpaco.blog100.fc2.com/blog-entry-2.html?sp

open 18:30
1st stage 19:30~
2nd stage 21:00~
Music Charge ¥2,500+Tax
PACOはご飯が絶品な可愛い小さなお店なので、ご予約頂けると嬉しいです


今年最後のリーダーライブ!!
是非応援にきていただけたら嬉しいです!飛び上がるほど嬉しい!

2018年11月14日水曜日

吉川大介リーダーライブ「部室」

日頃サポートの仕事が多いですが、今回は僕のリーダーライブの宣伝をさせていただきます!

吉川大介リーダー企画「部室」。年内最後は日吉のWander Wall-Yokohamaにて行います。
偶然集めたメンバーは皆それぞれの大学のジャズ研出身でした。部室で和気藹々とセッションしてるような、しかし学生的なノリではなくそこからさらに進んだサウンドを目指します!

11/24(土)
日吉/WanderWall-Yokohama
「部室」ライブ!
吉川大介(b)
山口廣和(g)
武藤勇樹(pf)
小山田和正(ds)
guest 松木翠(vo)
17:30open  18:30start
MC:予約¥2,800当日¥3,300



ということでゲストに当校講師の松木翠を迎えて行います。
是非よろしくお願いします!

2018年11月12日月曜日

続・高い声がだしたいMさんの場合

それでは具体的なレッスンを紹介します!

ここでのポイントは曲中で音楽に合わせたブレスのタイミングや量です。
解決すれば絶対できると確信があります!

ここで急ではありますが・・みなさん休符には種類があります。

え??ただその拍数休めばいいんでしょ?と思ってる方は・・
その考えを今すぐ改めてくださいw

まぁ懺悔するなら・・私もそういう時期がありました。が!改めたことで得る部分がたくさんありました!
のでできるだけ速くw

話を戻すとこういうわけです。
休符中に体の余分な力を抜いて必要な力を使う準備と息を吸うことがMさんのポイントです。

まずそのためにできない部分のそこの休符の位置と長さを知ることが近道です!  
ここで聞こえてきそうな言葉は「音符読めない~」って方もいると思います。
大丈夫です!そんなことであきらめないで!
何拍お休みかは自分のできない部分だけを曲を何回も良く聞いたり、それでもわからない場合や急ぎの場合は今は気軽に一曲単位で購入できるサイトもあります!そういうのを利用してみてください!


Mさんの場合は譜面があったので、メトロノームに合わせて高い音になる前に遅く入っちゃっている所を確認!これはきっと高い音がくるという気持ちが前に出てしまい、力んでるのが原因。

ちなみにメトロノームは昔ながらのもいいですが、iPhone ユーザーならこちらがおすすめ!! 


ステップ①
4カウントが目で見てわかると上達はやい!
自分が何拍目にいるのかがわかります!
はじめは目で確認しながら歌ってみよう!ピッチが下がってもOK。まず重要なのは音や休符の長さの確認!自分の中で自然にできるようになるまでゆっくりやりましょう。
このときBPMは110。
それができたら・・・



ステップ②


110のままメトロノームにあわせて足踏みしながら部屋を動き回ってやってみましょう。
このとき歌えたらいい感じ。
ここでん?って思う方・・いると思うのですが、歌うというのは息を吸って・リズムに合わせて・声をだして・音程やハーモニーを取りながらやる総合的な感覚の集大成です!いわゆる頭と体を一緒に使う(左脳から右脳へ情報を動かす)脳トレのようなものが必要なのです!

上記に書いた以外のことも他にも同時に何個もやらないといけないのです!
いきなり全部やるのは無理なので・・
なのでちょっとづつ負荷を加えていきます。


ステップ③

ステップ②の全体の精度を上げていきましょう。
ここが大事です。意外とみんなここで手を抜いてしまいます。

自分で言ってて・・ダメージがすごい笑 私も頑張る!


練習方法の基本は1つ1つを丁寧に体に落とし込んでいければ、絶対できるようになります!
そして1つできたら1つづつ加えていくのです。

難しいと思ったら、負荷を軽くしましょう。例えばメトロノームの速さを遅くしたり、足踏みやめてもいいです。
でもできたら1ステップ進みましょう!できなけ戻ればいいのです。

皆さん一気に全部やろうとするからできなくなります。
そしてできるまでただ繰り返しやれという根性理論な考えは私はナンセンスだと思います。

どうやったらできるようになるかを考える事のほうがずっと明るく前向きです!
そして早くできるようになる!
もちろん・・繰り返し反復的にやらないと速く息を吐く筋肉がつかないのはありますが、なので筋肉を付けるためにも足踏みや体を自然に動かすのがいいと思います!


紹介した方法はあくまで方法の1つです!
ぜひ精神的にも健康的にたのしくレッスンしていきましょう!
Mさんの今日帰り際の「なんかつかめた気がする!」という喉の奥にあった骨が取れたような表情でいったこの言葉がすごい嬉しかったです!

1つ1つ個人レッスンなので丁寧に、生徒さんのペースに合わせてできるのはいいですね!













2018年11月10日土曜日

高い声が出したいMさんの場合

高い声が出にくいと悩みのMさんのレッスンを紹介したいと思います。
高い声を出したいとおっしゃる生徒さんはとても多いです!
悩みの中でもダントツ1位です!

まずなぜ高音域が出にくいのか・・


理由は実はたくさんあります。というか全てがつながりを持っています。のである1つを改善をクリアすれば上手くいくケースもありますが、1つ1つウィークポイントをクリアするケースもあります。

この悩みは要するに・・

  •     個人の骨格体の使い方
  •     発声の方法の癖
  •     自身の意識
  •     筋肉量
大分個人差が出てきます。
いろいろな道筋があるということをまず理解していただきたいです。
例えとして、ケースの1つとして紹介させていただきます!

重要なのは・・なぜ高い声がだしたいのか。

  •     「この曲のこの部分が出ないから」とかの「漠然と高い声が出したい・・」ではない具体的な理由はちゃんと自分自身で持ちましょう!
  •     高い声にもいろいろ用途や種類がありますのでそれを明確に適切にレッスンする近道になります!

そして・・なぜMさんが高い声がでないのでしょうか?
理由を探すのはとっても大事です。
理由はもちろん一緒に考えましょう!

というわけで、Mさんの理由は、ざっくりいうとこんな感じ!
曲の休符部分を感じきれていなく、息が十分に吸えていない。そのため高い声に必要な分の息を吸えず、息を出す速度が遅くなってしまう。

という方結構多いですw
なので、高い声に悩みの方は参考にしていただけると嬉しいです!

ちょっと長くなりそうなので・・・

次回へ続きます!!!




2018年11月5日月曜日

歌っていると唾がたまってしまうSさん 埼玉レッスン日記6

歌っていると、だんだん唾がたまってきて思うように歌えない…

唾問題で悩んでる方、実は多いんです。

Sさんは現在、AIの「Story」を練習してます。

この曲、1番が終わった後の僅かな時間しか休む暇がないんですよね。

つまるところ、唾を処理する時間が無いということです。

Sさんの場合、2番のサビ辺りで厳しくなってくるようで、もちろん2番以降は残念ながら休む時間は無いです。

唾の処理を優先してしまうと、歌い出しを失敗したりと大変です。

かと言って、ブレスをどこか犠牲にして処理に専念しようにも、それはそれで苦しくなってしまう…

ブレスと同時に唾を飲み込もうとして咽てしまったり…

生きていく上では寧ろ大切なことなのですが、歌となると本当に深刻な問題です。

そして、それを解決させる決定打を見出せていない自分にも腹が立ちます。

ネットでは、歌う前に歯を磨く、水以外飲まない、リラックスする。

などの対策法が紹介されてましたが、まだ試してはいません。


自分なりに、何が原因なのか仮説を立ててみました。

私がレッスンをしてる生徒で、唾問題で悩んでる方の共通点として、顎に力が入ってる点が挙げられます。

顎に力が入ってる状態というのは、物を噛んでいる状態に近いです。

噛めば噛むほど唾液が分泌されてきます。

大元を辿っていくと、喉が絞まっていることになります。

Sさんは、喉開けがまだしっかりできていません。

そういう意味では、リラックスすることは解決法としては良いのかもしれませんね。


実際に、Sさんに喉を開ける練習をしてから歌った状態と、いつも通り歌った状態を比較して頂きました。

はっきりとした変化を感じることは出来ませんでしたが、歌いやすくなった感覚はあったようです。

これは引き続き試して、経過をまたどこかでご報告したいです。

一人でも多く、この悩みを解決できるように頑張っていきたいと思います!

ではでは。