ラベル VSV 猫 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル VSV 猫 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年7月1日日曜日

初心者の練習(3)

カラオケで唱って録音したものを聴いて、どの程度ズレているか分かれば良いのですが、曲によってはそれが著しく困難な場合があります。
所謂「ガイドメロディー」的なものがカラオケの中にあればいいのですが、最近の曲は特にそういったものが一切無い場合があります。
そういうのが速い曲、BPM140以上の16ビートとかだと、かなり大変です。

目立ってるのは、多少音程が上下しながら聴こえる「チャンチャラチャッチャ」の繰返しだけで、そこに所々ベースの音が入るだけ、なんていうのが結構ザラだったりします。
そういう曲ではそもそも1フレーズ間違えただけで自分が今どこを唱っているのかさっぱり分からなくなって、迷子になってしまうことも往々にあるでしょう。
そうなると、もう自信も無くなるので、テンポを一定に唱う事も難しくなり、テンポが揺れてしまったりします。

そういう状態でカラオケで唱った場合、その録音を聴くと、何と無くおかしいことは分かるけれど、どこでどうズレが、特にリズムにズレが生じたか自力ではさっぱり分かりません。

そういう時に昔私がやっていたのは次の方法です。
パソコンと、マルチトラック・レコーダーと歌入りと off vocal の両方の音源を用意します。

マルチトラックレコーダーというのは、例えば4トラック独立して扱うことができるレコーダーで、音源を再生しながら別トラックに同時に録音をすることができるものです。

例えばこんな製品があります。



手順は次のようになります。

  1. 歌入り/ off vocal 音源双方を wav に変換する
  2. パソコンで両音源の頭部分を同じタイミングでスタートするように編集する。編集には例えば Audacityというソフトを使います。
  3. 歌入り/ off vocal の両音源を同時に再生して、エコーがかかっているように聴こえるうちは、どっちかが早くスタートしてしまっています。うまく頑張って頭を揃えましょう。慣れないと、こんな単純なことで結構時間を食います。
  4. 目出たく揃ったら、保存して、それを先のマルチトラック・レコーダーに転送します。
  5. off vocal 音源の再生をヘッドホンで聴きながら、自分で歌って、それは別トラックのファイルに書き出します。
  6. 出来た歌唱ファイルをパソコンに転送し、編集ソフトに読み込みます。
  7. そうして、「歌入り音源とその歌唱ファイルを同時に再生する」ことで、カラオケで歌った自分の歌とお手本の歌唱を同時に聴けるので、ズレや誤りを把握できます。
  8. もし、曲のテンポが速過ぎて良く分からないのならば、編集ソフトの機能を使って再生速度を落せば、どこがズレているか分かります。
  9. そのまま再生速度を落すと音程も下がってしまうかもしれませんが、編集ソフトには音程を変えずに速度だけ落す機能もあると思います。

後は「初心者の練習(2)」と同様の手順を繰り返して精度を上げていくことになりますね。

勿論並行してリズムの基礎練習もしないと、上達はしません。

2018年6月29日金曜日

初心者の練習(2)

さて、「お手本と一緒に唱う」という練習で、ある程度満足できるレベルに仕上がったら、今度はカラオケに挑戦です。

カラオケ音源は、2通りあるでしょう。

  1. 所謂カラオケ屋さんのカラオケ。これの難点は、オリジナルのアレンジ/楽器の音と結構違っていることがある、という点ですね。意外と戸惑います。
  2. オリジナル曲のアルバムに一緒に収録されている off vocal 音源。これは、ボーカルが抜いてあるだけで、BGM演奏はオリジナルと同一なので、「初心者の練習(1)」のやり方をした人には、とても使い易い。
まぁどっちでも良いんですけど、やっぱり「初心者の練習(1)」同様、
  1. 録音しながら唱ってみる。
  2. 録音を再生して、おかしいところを見つける。
  3. お手本で正解を確認する。
  4. 1に戻る。
の繰返しですね…

当然こういうことをやっていると、自力では解決できない問題に遭遇します。
そうしたら当校へいらして下さい(笑)。

2018年6月28日木曜日

初心者の練習(1)

良く、「自分なりの個性を出した歌い方をしましょう」と言われることがあります。

でもね、本当の歌の初心者の場合、そんなこと言われても、勿論無理です。

そもそもどういう歌い方が良いのかとか、どういう表現をしたら良いのか、その為にはどんな歌唱技術があるのか、さっぱり分からないし、何より音程もリズムも正しく取れない訳ですからね。

そうなるとやはり、習字の練習と同じように、「お手本を用意して、その通りにやってみる」という練習をして、「お手本通りにやれるようになる」ということを先ずは目標とすることになると思います。

当然選ぶのは自分が大好きで、歌いたい曲(好きなアーティストの歌唱)を題材に選ぶことになります。「この人と同じようにこの曲を唱いたい!」という気持ちが練習のモチベーションになりますね。

そうすると、練習の順番としては、次のようになりますね。

  1. 先 ずお手本の曲を良く聴く。何度も何度も聴く。曲を聴かずにその曲を頭の中で流せる位良く聴く。…初心者なので、「頭の中で完璧に流せた」と思っても、実際 には色々間違っています。でも、取り敢えず自分が正しくできたと思ったら、或は「もうこれ以上は無理」と思ったら、次のステップに行きます。
  2. 曲を聴きながら実際にお手本と同じように唱ってみる。ここで、レコーダーを用意して、自分の歌を録音しましょう。
  3. お手本と一緒に唱っている録音を再生して、お手本と違っているところを細かくメモする。
  4. メモに基づいて、問題箇所のお手本を再度良く聴いて、正解が何かを確認し、メモする。
  5. 2の録音をもう一度聴いて、4のメモを元に、「何が違うのか?」「何を間違えていたのか?」を確認する。そうして、「どう直すべきか?」を理解する。
  6. 2へ戻る。
  7. 十分に唱えるようになったと思ったら、何かで確認する。例えば、カラオケの採点機能で確かめる。或は、自分より上手な誰かに聴いて貰う。
  8. 指摘されたことを、1に戻って、自分が理解出来る迄聴き込む。
こういう形で練習して、それなりに聴けるところ迄持っていくには、曲の難易度にもよりますが、数百回唱わないと駄目じゃなかな?

誰かにアドバイスを貰うと、効率良く練習できると思います。
また、何が原因か、それを直すにはどうしたら良いかも教えて貰えます。

ということで、ボーカル教室に通って講師に教えて貰いつつ、上記の個人練習をすると、短い期間で上達します。

ということで、皆さん当校に体験にいらっしゃいませんか?(笑)


2018年6月25日月曜日

響き

声は喉の声帯から出ますが、身体のどこに響かせるかによって、全く違った音に聴こえます。

また、若干ですが音程も変わって聴こえます。

身体のどこに響かせるか?
というのを意識して操作し、そうやって実際に出た音を、自分の耳で注意深く聴く、或は録音して再生して確かめる、

身体も、姿勢を変化させる、筋肉の緊張を変化させる、こういった操作を加えると更に音の質が変わります。

こういう地味な作業を積み重ねると、そうやって変わった音を実際の歌唱に採り入れることで、所謂「表現力」を高めることができます。

勿論一般論として、どこにどのように響かせると、どのような音に変わり易い、というパターンはあります。
こういうのは一人で全部やろうとすると、とても時間がかかりますが、そういうものを知ってる人から習えば時間を節約できます。

ということで、是非当校に体験にいらして下さい(笑)。

2018年6月24日日曜日

ピッチと呼吸

ピッチの狂いの原因の可能性の一つは、先日の「ピッチの狂い」に書いたように、

  • 入力(聴く事)の捉え方が甘い/誤っている
  • 出力(発声)のやり方が誤っている/精度が甘い

になります。

良くいらっしゃるパターンに、「出だしの音が狂っていて(一般的には低いことが多い)、ロングトーンになるとちゃんと合う」というのがあります。

この場合は上記の「出力の精度が甘い」可能性がありますが、出した音がズレていることに聴いて気付き、リアルタイムに修正をかけられるので、正しい発声ができると言えばできる訳です。

もう一つ可能性があって、それは息の使い方が間違っている場合です。
声を出してない状態から発声して、出だしからちゃんとピッチが合うには、そういう発声/息の使い方をしないと、どうしても低く出てしまいます。
この症状は、通常は呼吸を改善しないと治りません。

これも一人で練習するのは難しいと思いますので、是非当校の体験にいらして下さい(笑)。

2018年6月22日金曜日

ピッチの狂い

ピッチは狂ってることが多いですね、プロでも無い限り。

狂う理由は様々ですが、大体多いパターンは、

  • 全体的に低めに出ている
  • 更に高い音程ほど低めに出ている
  • なので、音階が下から上に上がるに従って、音と音の間隔が徐々に狭くなっていく
という感じですね。

単発で音を取るだけの発声の場合、ソルフェージュやスケール練習みたいなものですか?
その場合は聴いた音の通りに出せればそれで話は終りますが、

歌で発声する場合は、大体歌のフレーズ毎に発声に使う筋肉や喉の状態は変わってしまう/表現の一貫として変えるものなので、そういう練習はあまり意味を持ちません。

単発音取り練習の時とは明らかに喉の状態/使い方が変わっていますからね。

そういう練習は、投入した労力に見合う結果に繋がらない、ということになります。

大抵の人は聴いた音と同じ高さの音を出すというのが、精度の差はありますが、できるものです。

なので、結局ピッチが狂わないようにするには、

  • 入力として、自分が唱う歌を良く聴いて、頭の中に正しい音程を刻みつける
  • 出力として、正しい発声法を身に付ける(自分が思った通りの高さの音を出せる発声)

ということをやるしかありません。

あとは、聴く方/出す方の精度を高めて行く、という訓練を地味に続けるだけですね。

正しい発声法というのは、できてない人は習わない限り分かりませんので、是非当校へおいで下さい

2018年6月15日金曜日

歌は自由です!

歌を習いたい人は歌う上で色々な悩みがあると思います。
具体的には、音程や声の質、発声の仕方や滑舌、声量やリズム感などの技術や漠然と上手いと言われたいなど様々です。

しかし1番大切なのは良い歌を歌う事です。
それはまず自分が表現したいものを伝えられるか、自分の理想とするものに近づけられるかが大事だと思います。
ここでは他人の評価はあまり関係ありません。自分の表現ができた時に周りの評価はついてくるものなのです。
当校では、生徒さんそれぞれが自分が伝えたいものを表現するためにはどうしたらいいのか? という技術向上のお手伝いをさせて頂きたいと思っています。
是非気軽に相談しに来て下さい。 講師一同全力でサポートさせて頂きます!

お問い合わせは、★こちらをクリック★

2018年3月25日日曜日

鼻嗽(はなうがい)

花粉症が酷くなる季節がやってまいりました。

鼻が通ってないと、息が綺麗に通りませんから、詰まってると発声が不安定になり、色々大変です。


私ももう、十数年以上苦しんでました。

鼻スプレーの類が有効なのは、最初の数年だけです。
すぐに効かなくなるので、そもそも使わない方が良いです。

要するに、鼻の粘膜にアレルギー物質が付着するので、こういうことになるのです。

洗えばいいのです。

完全に詰まってしまうほどの重傷になってからだと、
地道に3ヶ月位は頑張らないと効果が出ませんが、
一旦そうやって続けて、鼻が通ってしまえば、
後は普通に、1日1回程度で十分です。

酷い時には、朝晩2回やった方が良いでしょうね。

私は、下記の器具を使って、左右の鼻、手前浅い感じと、奥まで深い感じと、それぞれ2回ずつ、合計4回を1セットにして、夜だけ寝る前に洗っていました。


気付いたらいつの間にか使わなくても鼻が大体通った状態になっていました。
あれから5年経ってますね。
多分、鼻嗽を継続した期間は 2年もないと思います。


鼻の粘膜が腫れて鼻の穴が小さくなっていたのですが、腫れが引いて、鼻の通りが良くなりました。

鼻嗽続けて数ヶ月、殆んど何も起こらない(勿論やった直後はちょっと通りが良くなる)のですが、ある日突然鼻水が多量に出るようになり、それが暫く続いた後気付いたら鼻が通るようになりました。

鼻が詰まってるとホント、滑舌も悪く聴こえるのでいいことはありません。

鼻の通りが悪い人は、鼻嗽しましょう。

「鼻うがい 医者」で検索すると、鼻嗽を勧めているお医者さんも結構いるようです。