2018年8月31日金曜日

喉を開く為に… 埼玉レッスン日記2(後半)

どーも!

埼玉です!


前回のレッスン日記の続きでございます。


さて、ガチガチに力が入っていたTさんですが、ある程度リラックスできるようになってきました(正直言うとまだまだです…これは継続してやっていきます)

次の難関、喉開けです。

Tさんは、歌っていくとだんだん歯を食い縛った状態になってきます。

横から見ると喉仏もギュインと上がりきっちゃってました。

完全に締まってますね。

この状態だと、声って金属的な響きになって、苦しそうな印象になります(実際に苦しいんですけど)

まずTさんに、ざっくりと喉を開けてみてくださいと言いました。

すると、喉と言うよりかは口を大きく開けただけでした。

これだと意味がありません。ただ顎が疲れるだけです。


そこで『エアうがい』をしてもらいました。

みなさん、うがいをする時、扁桃腺まで水が届くように深めを意識しませんか?
そうすると、ガラガラガラの音色が変わるはずです。

その瞬間が喉が開いてる状態です。

あとは、分かりやすいところで『あくび』ですかね。

喉を開けなければならない理由は、ざっくり言うと、声帯を守るためです。
詳しくはまたどこかで♪


Tさんにエアうがいをしてもらうと、「あ、広がった!」とビックリしてました。

どちらかと言うと、Tさん的にはアクビの感覚に近かったみたいです。

実際にその状態で声を出してみると、脱力の時以上に声の通りが良くなってました!

本人も変化を感じたのか、何度もエアうがいしてました(笑)

しかしながら、喉開けも脱力も一回出来ればOKかと言われると、全然OKじゃないです。

体に染み付いた間違った癖を取り除くために、正しい状態を何度も繰り返していかないといけません。

Tさんにもそれを分かって頂けました♪


みなさんも、まず、歌の前に発声から見直していきませんか?

と言うわけで、レッスン日記、Tさんの場合でした!

ではでは!


 ★ 無料体験はこちらからどうぞ ★

0 件のコメント:

コメントを投稿