2018年8月31日金曜日

喉を開く為に… 埼玉レッスン日記2(前半)

どーも!

お盆休みを挟んで久々の更新になります。

残暑がまだまだ続きますが、みなさん頑張っていきましょう!


さて、久々のブログはレッスン日記を書こうと思います。


今回は、Tさん(男性、20代後半)についてです。


Tさんは初め、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの『リライト』を歌えるようになりたいということで練習が始まりました。

この曲の最高音はmid2G#で、男性だと結構キツイところですね。

残念ながらTさんは喉締めまくりで、黒板を爪でキーってする感じで、全身に力が入ってる状態でした。
このままでは喉を痛めてしまいます。

これを打開するために、締まってる喉を開けなくてはなりません。

しかし、その前に要らない力が入らないように工夫していきます。

シンプルにまずは椅子に座ってもらいました。

座るだけでも力って結構抜けます。

Tさんも「何か落ち着きます」と言って、実際に声を出してみると、最初よりも若干声に柔らかさが♪

さらに、お腹の力を抜いてもらうと、高い音は少し出しにくくなりましたが、確実に苦しさが軽減されました。
そりゃ、お腹にガチガチに力入れれば高い声は出ますよ。代償は大きいですが…

腹筋信者の方は、ただちに力抜いて下さい!

脱力は常に心掛けていかないとすぐ戻りますので、みなさん癖付けていきましょう。

さて、Tさんの話に戻ります。

力が徐々に抜けてきたので、次は喉開けです。



これは後半にて!

ではでは!

0 件のコメント:

コメントを投稿