2018年7月2日月曜日

初心者の練習(4)

さて、例えば (1)(2)(3)に書いたような方法で、一生懸命に練習すれば、
譬え教室に通わなくとも、ある程度迄は上達します。
それは間違いありません。

けれども大抵はどこかで、伸び悩みます。
教室に通って習っていてもそうなるのですが、
習って無い場合は自分ではどこが悪いのか、どうやったら直せるのか、
そういうことが分かりません。

そうなったらお早めに、当教室にお越し下さい。
丁寧にお教えします。

まぁ、独習のみで頑張ることの問題の一つは、
我流なので、所謂変な間違った癖がついてしまうことですね。

何かを達成しようとして、我流で方法を編み出してしまう訳です。
それで最後迄いければ凄いんですが、大体はどっかで限界が来ます。

標準的な手法なら、大抵伸び悩んでも基礎力を向上させる練習をすればまた伸びるのですが、我流で編み出した方法の場合、そもそもかなり無理をしてやってたりするので、そういった余地が残ってなかったりします。

その場合、我流の癖を一旦破壊してから、正しい方法を身に付ける必要があります。
この「壊して、再習得」という奴がとても大変なのです。
やってる最中は、一旦あらゆるバランスが狂うので、物凄く歌が下手になります。
或はそれまでなったこと無いのに、喉が痛くなったりします。

再習得の最中だけの問題で、正しい方法をちゃんと身に付ければ、全て収まるのですが、中には疑心暗鬼になって、つまり嘘を教えられてるんじゃないかと疑念をもって、そのまま辞めてしまう方もいます…

0 件のコメント:

コメントを投稿