2018年3月25日日曜日

鼻嗽(はなうがい)

花粉症が酷くなる季節がやってまいりました。

鼻が通ってないと、息が綺麗に通りませんから、詰まってると発声が不安定になり、色々大変です。


私ももう、十数年以上苦しんでました。

鼻スプレーの類が有効なのは、最初の数年だけです。
すぐに効かなくなるので、そもそも使わない方が良いです。

要するに、鼻の粘膜にアレルギー物質が付着するので、こういうことになるのです。

洗えばいいのです。

完全に詰まってしまうほどの重傷になってからだと、
地道に3ヶ月位は頑張らないと効果が出ませんが、
一旦そうやって続けて、鼻が通ってしまえば、
後は普通に、1日1回程度で十分です。

酷い時には、朝晩2回やった方が良いでしょうね。

私は、下記の器具を使って、左右の鼻、手前浅い感じと、奥まで深い感じと、それぞれ2回ずつ、合計4回を1セットにして、夜だけ寝る前に洗っていました。


気付いたらいつの間にか使わなくても鼻が大体通った状態になっていました。
あれから5年経ってますね。
多分、鼻嗽を継続した期間は 2年もないと思います。


鼻の粘膜が腫れて鼻の穴が小さくなっていたのですが、腫れが引いて、鼻の通りが良くなりました。

鼻嗽続けて数ヶ月、殆んど何も起こらない(勿論やった直後はちょっと通りが良くなる)のですが、ある日突然鼻水が多量に出るようになり、それが暫く続いた後気付いたら鼻が通るようになりました。

鼻が詰まってるとホント、滑舌も悪く聴こえるのでいいことはありません。

鼻の通りが悪い人は、鼻嗽しましょう。

「鼻うがい 医者」で検索すると、鼻嗽を勧めているお医者さんも結構いるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿