2017年10月5日木曜日

声量アップ レッスン日記 Tくんの場合(前)

こんにちは!
あまい金木犀のいい香りが至る所から香ってきますね!!
気付いたらすっかり秋になっているのだなぁ~

レッスン日記をご紹介する前にちょっと私のレッスンで気をつけていることを紹介したいと思います。

まずTくんのレッスンのテーマをおさらいしたいと思います。
レッスンを受ける中でやはりテーマはしっかり先生と生徒さんの間であるといいと思います!
ただ私は、ボーカリストでもありますが運がよくマッサージ師の経験もあります。
なので海外では結構注目されている手法の一つ(体のメンテナンスを生物学的目線から調整するトレーニング)「ボディマッピング」も用いて、テーマへのアプローチを提供ができます。

ただいろいろなアプローチがあると誤解が起こりやすいので、しっかりコミュニケーションをとってレッスンを進めていくことを心がけています!


さて、本題に入りたいと思います。
テーマは引き続き「声量UP」
前回のレッスンで紹介した膝の脱力により、それに伴う上半身の適度な脱力を実感・体感して自然とその方向へ体が向かっているのが、レッスン初めの歌唱で感じました。

Tくん自身も意識がそこに向かっているとの事で、とってもよい傾向です。
ただ歌唱中に、少しずつ脱力状態をキープするのが難しそうです。
はっと姿勢を整えようとする姿が見えます。

しかし、歌っているときの理想は、これは私自身の主観ですが体の状態をずっと気にかけるのではなく、もっと歌うことに素直に対応できる広い視野と自然さ。。
ただこれは実際口で言うほど簡単ではないです。私自身も歌うときにこれがすべてできているのか?といわれたら全然練習中です!
自然に声がその曲に合うように・・自分が思い描くように出るというのは、歌うための体をしっかり作る必要があります。

えー!難しい!と思われると思いますが、でも歌うからだの使い方は歌だけのためではなく、体に負担をかけない動作につながっていきますので、ぜひ試していただきたい!!

健康は一日にしてならず笑
でも歌も楽しく歌えて体も整えば一石二鳥です!
そして習慣にするのが一番!


(後) に続く。

0 件のコメント:

コメントを投稿