2017年10月26日木曜日

2連枠の活用 レッスン日記 Aさん

巨大な台風も去って、すっかり秋に変わった今日この頃皆様はいかがお過ごしですか??

生徒さんからを見てると風邪も流行り出して来たので、気をつけてくださいね。
インフルエンザとか。。。
去年元旦にかれこれ小学生ぶりにインフルエンザになり誰とも合わない正月を過ごして去年こそはと固く誓いましたw

さて徐々に今年も残りわずかとなってます!
基本月2回のレッスンなんですが、この時期になるとお忙しいということもあり、月2回のレッスンの実はオススメの使い方があるのでご紹介します!

それは、、月2回を連続で一気にレッスンします!
ちなみにそれを提案したら気に入ってその方法の方もちらほらいらっしゃいます!

そのうちの1人がAさんです!
もちろん月2回を二週間おきに受けて頂けると混乱しにくいや定期的に状態を把握できるので、私自身も定期的にがっつり歌えるので良いという方も多いです!

でも深くしっかり理解して自分でいろいろ試したい方やゆっくりちゃんと理解したい方は連続で2回やるのもすごくいいと思います!

初めは2回連続はちょっと大変そう、、と悩んでましたがいざ受けてみると。

Aさんは最近今まで苦手だった英語の曲をやってるので特に理解が深まるようです!

特に英語は日本語だと使いにくい、使っていない口や顔の筋肉を使うのでちょっと時間をかけるとフィジカル面で動きやすくなります。

またゆっくり表情筋のストレッチやそこに重点を置いた発声練習。

息の使い方、舌の使い方にも目線をぐっと絞れるので。
頭ではわかってても身体が動かない〜泣っ
ということは歌うこと以外にも経験あると思います。そこが結構クリアになり歌いやすくなります!


生徒さん自身の状態に沿って出来るだけ希望に近付けるようにレッスンしますので是非何か疑問ありましたら遠慮せずに言ってくださいね!!


2017年10月6日金曜日

声量アップ レッスン日記 Tくんの場合(後)

(前)の続き。

また脱線・・・文章は難しい!

そんなTくんのストレスを解消するために松木が出した方法は!!!

リズムを取る!ただし体を使って・・・

意外と普通でしょ??

でもなめてはいけません。

ちなみに何が違うというと、普通リズムを取る時はどこを使いますか?

多くの方が、手や足だと思いますが体を使うのには少し感覚が遠いです。

というわけで腰を使います。もっと厳密にいうと骨盤!

見かけは膝にも見えますが、それをやると膝の脱力がやりにくくなります。

なので意識は腰・骨盤です。

 

Tくん初めは、、動きがなんか生まれたての小鹿のようでしたが笑

アドバイスを少しすると見る見るうちに小鹿ちゃんからダンサーさんのよう生まれ変わりました。かっこいいリズムの取り方に!

そうです。かっこいい感じがめっちゃヒントです。

体の姿勢・しぐさはかっこよくなかったり、不自然だと大抵間違ってます!

さて鏡の前で歌って、リズムをとってみましょう。

そこには、もっと歌がうまくなるヒントが隠されてますよ。

テーマの「声量UP」も体から空気も静止しているときよりも、多く出るのでUPします。ただお気づきかもしてませんが、、体を使うと疲れます。

でも使わないと脱力が不十分になり、徐々に喉が疲れます。

少しずつ自然に体でリズムを感じれ、体が追いつくようにトレーニングしましょう!

みんなこのレッスンをするといい感じに汗をかいて、帰っていきますw

やり方は人それぞれTくんは若者なのでちょいとハードにやりました。

でもご年配の方にはもっとソフトにその生徒さんができる範囲で汗をかいてもらいます笑

ご興味があるようでしたらぜひ!

2017年10月5日木曜日

声量アップ レッスン日記 Tくんの場合(前)

こんにちは!
あまい金木犀のいい香りが至る所から香ってきますね!!
気付いたらすっかり秋になっているのだなぁ~

レッスン日記をご紹介する前にちょっと私のレッスンで気をつけていることを紹介したいと思います。

まずTくんのレッスンのテーマをおさらいしたいと思います。
レッスンを受ける中でやはりテーマはしっかり先生と生徒さんの間であるといいと思います!
ただ私は、ボーカリストでもありますが運がよくマッサージ師の経験もあります。
なので海外では結構注目されている手法の一つ(体のメンテナンスを生物学的目線から調整するトレーニング)「ボディマッピング」も用いて、テーマへのアプローチを提供ができます。

ただいろいろなアプローチがあると誤解が起こりやすいので、しっかりコミュニケーションをとってレッスンを進めていくことを心がけています!


さて、本題に入りたいと思います。
テーマは引き続き「声量UP」
前回のレッスンで紹介した膝の脱力により、それに伴う上半身の適度な脱力を実感・体感して自然とその方向へ体が向かっているのが、レッスン初めの歌唱で感じました。

Tくん自身も意識がそこに向かっているとの事で、とってもよい傾向です。
ただ歌唱中に、少しずつ脱力状態をキープするのが難しそうです。
はっと姿勢を整えようとする姿が見えます。

しかし、歌っているときの理想は、これは私自身の主観ですが体の状態をずっと気にかけるのではなく、もっと歌うことに素直に対応できる広い視野と自然さ。。
ただこれは実際口で言うほど簡単ではないです。私自身も歌うときにこれがすべてできているのか?といわれたら全然練習中です!
自然に声がその曲に合うように・・自分が思い描くように出るというのは、歌うための体をしっかり作る必要があります。

えー!難しい!と思われると思いますが、でも歌うからだの使い方は歌だけのためではなく、体に負担をかけない動作につながっていきますので、ぜひ試していただきたい!!

健康は一日にしてならず笑
でも歌も楽しく歌えて体も整えば一石二鳥です!
そして習慣にするのが一番!


(後) に続く。