2017年9月7日木曜日

歌の呼吸 レッスン日記 Sさん

こんにちは!講師の松木です!
昨日今日はとっても気持ちのいい日でした₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎
本日はSさんのレッスン日記をお送りします!

前回のブログでお伝えした腹式呼吸をちゃんと意識した歌い方ができてきたSさん!
素晴らしい!
ただ今まで口から吸っていたこともあり、鼻からだと歌ってる最中は息が吸えないという悩みも出てました!

ここで歌う最中なぜ口での呼吸ではなく、鼻からがいいかはまた今度書きたいと思いますが、、、

今日はちょっと先へ進みます!

Sさんのレッスンへの姿勢がまず素晴らしい!ちゃんと疑問を持って練習して、何故だろうと考えることが上達する中ではめちゃめちゃ重要です!

ではその疑問を歌ってる中で解決して行きましょう!
まずSさんは息を吸う時に短く早く吸いすぎてます。初めの音を出す半拍前にパッと吸う感じになってます。


それは今まで口でのブレス(呼吸)の癖ですね。鼻からブレスするときは、長くゆっくり吸いましょう!
特に歌い出しは短くブレスをしなくても、歌に遅れることはないので、歌始まりの2拍くらい前から吸っても大丈夫です。

そしてこの時に胸をあげて、深呼吸のような吸い方はやめましょう!
ゆっくり香りを嗅ぐようなイメージでゆっくり下腹部及び腰ら辺を意識して空気を送るように吸いましょう!

初めは歌い出しだけでもいいです。
そしてできればアカペラでまず練習するとよりわかりやすいです。

その後はピアノ伴奏で歌ってみます。
いい感じです!
徐々に歌のメロディーとメロディーに長めの休符があるところを鼻からのブレスに変えて行くと口でのブレスの癖が少しずつ抜けていきます。

ピアノ伴奏なので、ある程度ゆっくりやってると短い休符でも鼻からブレスができるようになっていきます。

なんとすごい!
驚異の飲み込みの良さ笑

今日やった曲は、このレッスンでできるようになってしまいました!

Sさんもなんか歌いやすいだけじゃなく、歌に雰囲気が出たとすごく喜んでました。
最後はカラオケを流すと、、、
見事です!
哀愁の漂う素敵な歌になってます。

歌の中に哀愁や切なさを出すのはとても難しいです!でもさすがSさん!
実はSさんは若い頃歌手だったので、こんなに飲み込みがいいのです。

でも、歌手じゃなくてもちゃんとゆっくり順を追えば出来るようになりますよ!
そしてこうやって歌うともっと楽しいです!
Sさんもニコニコして帰っていきました(。◕ ∀ ◕。)

今日も読んでいただきありがとうございました!

ではっ!

2017年9月1日金曜日

英語の滑舌 レッスン日記 Aさんの場合(後)

(前)の続き。

Aさん初めは苦戦してたけど、舌の動きをちょっとアドバイスしたらかなり上手だ、、勝負じゃないけど、負けたらまずい笑

普段は私は歌詞ではなく英文を読んでるんですが、あくまで歌のレッスンなので

歌詞の「r」や「th」がわんさか出てくる部分をゆっくり歌うのではなく、読みます!

その時に舌の動きや位置、形を意識して、まずゆっくりがいいです!

少しずつ早くして、言葉がlinkingするところなどに注意して読みます。

不思議なことに結構これだけでも舌が少しずつ動き出してきます!

Aさんも自分であれ?あれ?とびっくりしてました。

私もそうですし、今でもその感覚を大切にしてます!

そして歌詞全体をやっていきます。

一見めんどくさそうですが、これが1番近道でしたw

その時に「r」と「th」のところに赤ペンでマークをするとすごくわかりやすいですよ!

Aさんはゆっくりながらも、形ができてくるのが実感出来たようでしたので、早速ゆっくり歌ってみると今までのカタコト感がだいぶ滑らかに⁉︎

素晴らしいです!

最後は英語がちょっと楽しいとすごい喜んでくださってとても嬉しかったです!

私もジャズを歌ってますが、お恥ずかしい事に英語があまり好きではなかったです。そして苦手でした。

そしてめっちゃ不器用です。

多分覚えも悪い方です笑

私はなんでも出来る万能な先生ではありません。

でもわからない事やできない事は隠さずに努力して絶対出来るようになります。今より一歩でも二歩でも前に進む努力は絶対したいと強く思ってます!

そしてそれを惜しみなく生徒さんにお伝えしたいと思ってます!

Aさんがあんなに嬉しそうな顔をしてたのを胸に私も頑張らないと思い、物覚えの良さにプレッシャーを感じながら、練習しようっと!!

長文を読んでいただき、ありがとうございました!